2018-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.計画工程表について

さて今日はガイドライン(2)の「計画工程表」について説明したいと思います。

計画工程表とは受注した工事の工程を工種ごとに表すもので、工期内に工事を
完成させるための目安とするものです。
工程表の種類はバーチャートやクリティカルパスを用いて作成すると思いますが
私はバーチャート方式で作成しています。

工程の管理を日数で行うか、金額で行うかは様々ですが、私は基本的に日数で
作成しています、これは私の持論ですが金額と工程は比例しないからです。

工程表の作成方法ですが、あくまで私のやり方ですが、まず
1.各工種の所要実日数を計算します、〇〇工-〇日という感じで作成します。
2.出した実日数に雨天・休日分の日数を足します、各工種の日数を全部足して
 総所要日数を出します。
3.各工種の所要日数/総所要日数の計算で各工種の構成比率を計算します。
4.あとは表を作成して各工種の日数をそれぞれバーチャートで線を引きます。
5.線を引いていくと工程的に無理な部分が出てくることがありますが、この場合は
 他の工種と線をダブらせます、つまり他の工種と同時施工する事になります。

あとの説明は口頭で書くのは難しいのでサンプルをご覧下さい。
工程表一つ作るのも大変なことなんですよね、でも工程表は施工計画書を作る上では
避けては通れないものなんです。

計画工程表サンプル


次回は(3)現場組織表について説明したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sekoukeikakusyo.blog.fc2.com/tb.php/4-3a3ecee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

RYO

Author:RYO
FC2ブログへようこそ!

最新記事

国土交通省地方整備局リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (40)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。